RichRecycleリサイクルを有効活用!大阪のリサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化について

技術者を必要とする砂漠緑化

広がり続ける砂漠の地域に砂漠緑化を行うというのは本当に大変な事です。植物を植えても枯れる恐れがあります。

砂漠緑化は技術者の能力を必要とする事も少なくありません。場所により気温の高低差が大きかったりもします。

砂漠化が進む地域では国内外からたくさんの人が砂漠緑化のためにやってきて、力を尽くしています。

人の努力と、技術者のノウハウが合わさって砂漠緑化が成り立っているのかもしれませんね。植物の生長に欠かす事ができない塩分を含まない水の確保も課題となっています。

現在においても解決すべき課題はまだ残されていますが、きっとテクノロジーの進歩が砂漠緑化を助けてくれる事でしょう。

現在よく行われている砂漠緑化運動について

砂漠緑化運動という言葉をよく耳にするかと思いますが、一体具体的にはどういった作業を行っているのでしょうか?テレビなどでよく見かけるのは砂漠になってしまった所に木を植えていくというものです。

こちらは昔からよく行われている作業で、今すぐに効果がでるようなタイプの作業ではないのですが、何年後、私たちの子供や孫が緑豊かな所で暮らしていけるようにするためには欠かせない運動なのです。

また自分たちで植えて、成長を見守っている方が緑を大切にしようとするような感覚も得ることができるようになる気がします。大切に育てていきたいものですね。

ヤギの習性と砂漠緑化

ほとんどの砂漠は、かつて緑の豊かな草原でした。現地の人々は、ヤギ・ヒツジ等の遊牧を行って生計を立てていました。すると、カシミヤ産業が発達します。こうして作られたカシミヤは日本に輸出され、商品となるのです。

放牧が原因で砂漠緑化が必要になる地域もあります。それはヤギの習性によるところもあるようです。ヤギは、草が少ない時期に根をかき出して食べる習性があります。するとその部分は草が生えなくなってしまいます。だからヤギは移動して草を食べるのです。

そうして冬が来て草が生えなくなると、ヤギはまた根をかき出してしまいます。根がかき出されてしまうと草が生えなくなります。こうした負の連鎖で、砂漠化が進むのです。砂漠緑化はその名のとおり、砂漠に草木を植えていくことです。

砂漠緑化ってどういった活動?

砂漠緑化って一体どういった活動のことを指すのでしょうか?主な活動としては緑を増やすための活動です。最近では木を植えることが主な活動の一つになっています。

よくテレビなどで木を植えている映像を見ることがありませんか?ああいった活動全般のことを指します。国で進めている活動だけでなく、そういった団体でも行っていますし、個人的に町内会などで活動を行っているような所もあります。

個人的に初めてみるのもいいことですし、そこまで難しいことを考えなくても、ただ緑が増えていけばいいなくらいで砂漠緑化活動を初めてみても十分なのです。

藻場再生や磯焼け対策、砂漠緑化事業についての詳細はこちらへ。
株式会社タイキ http://www.osa-taiki.co.jp/
大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1番2号

砂漠緑化に関する記事

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化の情報以外についてのお問い合わせはここ

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化の情報の今後どんどん増やしていきます。リサイクルについて詳しくは兵庫・京都・大阪・奈良といった関西エリアで不用品の出張買取サービスを行っているリサイクルショップへ。