RichRecycleリサイクルを有効活用!大阪のリサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化について

人々の暮らしと砂漠緑化

焼畑農業をして、生計を立てている人もいる様です。

焼畑農業をすると砂漠化しやすくなる事もあるという話を聞いた事があります。

しかし、彼らも貧しく生きるために、行っている部分もあり悪循環を起こしています。

早くに砂漠緑化に取り組まないと大変なことになります。

自然に負担がかからない方法で農業ができ、生活を続けていける状態を維持できれば、砂漠緑化も必要なく、環境も保護できるでしょう。

砂漠緑化が必要だとあちらこちらで言われていますが、環境を守りながら農業できる仕組み作りなど、貧しい人々が生活ができる仕組みも同時に必要ではないかと考えています。

すでに砂漠になってしまっている場所については砂漠緑化が必要ですが、いろんなアプローチで自然環境を守るという事も必要なのかもしれません。

砂漠地帯を砂漠緑化で減らす

最終的に考えられているのが、砂漠緑化によって砂漠地帯を多く減らしていく方法です。実際に利用していく場合には、多くの要素を考えていく必要があり、特に水源を確保する必要もあります。

水源を正しく作らないと、自然を育てることができませんし、塩害などの影響も出やすくなってしまうのです。安心して育てられるような状況を作ってから、砂漠緑化の事業を進める形にしています。

大きな効果を得るためには、長い時間も必要となっていきますが、成長していくことで緑が増えて、そこで遊んだり色々な生物が暮らせるようになれば変わっていきます。

地球環境を守る砂漠緑化

ただ単に作業をするだけで、砂漠緑化が可能になるわけではありません。単純なことではなく、さまざまな要素が重なって実現ができるとされています。海外で砂漠化してしまった地域での活動になりますので、その地域の特性である天候や気温などをしっかりと把握していく必要があるでしょう。

その地域の基本的な環境を考え、適切な方法で砂漠緑化をすることが求められています。人々がその地域の環境に合わせ柔軟な対応をすることで、より良い結果を生むことができるでしょう。一見、砂漠化している地域は同じようにも見えますが実は異なります。そのような環境をしっかりと見極め活動を行うことです。

砂漠緑化の具体的な活動内容

砂漠緑化は、主にNPOが中心となって活動しているのですが、具体的にはどのようなことをしているのでしょうか。

まずは、砂漠化を止めるために鎖辺という作業をおこないます。これは砂漠の辺縁地帯に沿って、人工の植林をしていき、鎖のように囲って周囲の砂漠化を防ぐことをいいます。

昼夜の寒暖差が激しく、風が強い砂漠地帯では、植林活動も非常に困難とされています。そして、その土地に植えた木が定着する際にも、5年もの月日がかかるといわれています。砂漠緑化を成功させるために、防波堤のような役割を果たしてくれる鎖辺は、現地の人々にも大きく影響を与えているのです。

藻場再生や磯焼け対策、砂漠緑化事業についての詳細はこちらへ。
株式会社タイキ http://www.osa-taiki.co.jp/
大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1番2号

砂漠緑化に関する記事

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化の情報以外についてのお問い合わせはここ

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化の情報の今後どんどん増やしていきます。リサイクルについて詳しくは兵庫・京都・大阪・奈良といった関西エリアで不用品の出張買取サービスを行っているリサイクルショップへ。